設備を改修している男性

破損状態の確認

キーボードに錠前

破損している状態を確認しましょう

どれだけ慎重に扱っていたとしても、ふとした時に携帯電話を壊してしまうという事は、誰にでもある事です。特に、iPhoneを落として、液晶のガラス部分を壊してしまったら、直ぐにでもiPhone修理に出さなくてはいけないと考えてしまいますよね。ですが、少し待って下さい。まずは冷静になって、破損している状態を確認してみましょう。そこで大切なのが、ガラスだけが割れてしまっているのか、それとも、本体が完全に壊れてしまっているのかという事です。ですので、一度電源を入れてみて、iPhoneが動くかどうかというのをチェックしてみて下さい。電源が入る様であれば、iPhone修理に出す前に、バックアップを取っておくと安心でしょう。

iTunesを使って、バックアップを取りましょう

そして、バックアップを取る際には、出来る限りiCloudではなく、パソコンに接続をして、iTunesでのフルバックアップをおすすめ致します。そうする事で、iPhone修理を出した際に、本体交換となった時の、リカバリが簡単になるからです。そして、バックアップを取る際には、このコンピューターという項目を選んで、iPhoneのパスワードを暗号化というチェックボックスにチェックを入れておきましょう。そうすれば、パスワードも含めて、かなりの部分のデーターを元に戻すことが出来ますので、おすすめですよ。iPhoneのガラス部分が壊れてしまい、iPhone修理に出す際には、慌てずにまず、どこまで壊れているのか、バックアップが取れるのかというのを確認しましょう。